北海道デジタル図鑑
データベース検索 情報の小径 50音インデックス サイトマップ ヘルプ ホーム

自然歴史伝統・文化観光・スポーツ
本サイトのご利用にあたって
100の物語[歴史] 教育者

人びとに夢と希望を与えた教育者
 北海道という新天地に社会を形成するには、たくさんの優秀な人材を必要とします。そのため、開拓使は、1872(明治5)年に「開拓使仮学校」を東京の芝増上寺内に設けました。この学校には、東京女学校につぎ二番目の官立女学校として「女学校」が併設されていたのが注目されます。ここから5人の少女が、岩倉具視遣米使節の一行とともに、アメリカに留学しています。
 仮学校は1875(明治8)年に札幌に移転しましたが、翌年には廃校となりました。つづいて、専門課程をもつ上級学校として開設されたのが、「札幌農学校」です。農学校という名称ではありますが、農学のほかに地質学・測量学・土木工学など、北海道の開拓を進める上で必要とされる分野の講義も開講されました。また、英語や心理学なども開講され、幅広い知見をもつ人材の育成をめざしました。

関連するデータベース
「ビー・ジェントルマン」という教え/W.S.クラーク
 札幌農学校の校長には、マサチューセッツ農科大学学長だったW.S.クラークが招かれました。初年度の学生は、24人。クラークほか2人の外国人教師を中心とする講義や実習は、すべて英語で行われましたから、相当の語学力がなければついていけません。官費による好待遇と、新しい世界への期待から、学生も優秀な人材が集まりました。
 1期生には佐藤昌介、大島正健の名が、2期生には内村鑑三、新渡戸稲造、宮部金吾らの名がみえます。「ビー・ジェントルマン」「ビー・アンビシャス」というクラークの教えを守り、札幌農学校の卒業生たちはさまざまな分野で活躍しました。

■羊ヶ丘のクラーク像
羊ヶ丘展望台から、街が広がる石狩平野を望むように立っている。
羊ヶ丘のクラーク像
ウィリアム・スミス・クラーク
■ウィリアム・スミス・クラーク
(写真提供:札幌市教育委員会 文化資料室)

関連する100の物語
関連するデータベース
剛直な宗教家として社会に発言する/内村鑑三
 クラークは学生たちにバイブルをもたせ、熱心にキリスト教の教えを説きました。その影響から、1・2期生のなかから多数のクリスチャンが生まれました。なかでも、内村鑑三は、日本を代表する宗教家として知られます。教育勅語への敬礼を拒否して不敬事件を起こしたり、足尾銅山鉱毒事件で社会正義を主張したり、日露戦争に反対して非戦論を唱えるなど、その剛直な言説と実践は昭和の時代まで強い影響力を持ちました。また、聖書の研究を中心とする彼の無教会主義は、世界的にもユニークなもので、そこからは多くの優秀な門弟が育っています。

札幌農学校2期生
■札幌農学校2期生(*1)
内村をはじめ、新渡戸稲造、宮部金吾などの俊英が集まっていた。
内村鑑三
■内村鑑三
(写真提供:国際基督教大学図書館)
「われ太平洋の橋とならん」をモットーに/新渡戸稲造
 新渡戸稲造もクリスチャンで、農政、教育、思想の実践的指導者として、多くの業績を残しました。「われ太平洋の橋とならん」をモットーに、国際連盟事務局次長として国際平和に尽くしています。日本が国際連盟を脱退して軍国主義に傾いた1933(昭和8)年、アメリカへ行き日米開戦を回避する演説をして歩いた話は有名です。また、新渡戸は、貧しい子どもたち、昼間学ぶ機会のない職工や給士、店員などに教育の機会を与えるため、札幌に「遠友夜学校」を設立しました。授業料は全部無料。教師は札幌農学校の学生と職員が無給で務め、そのなかに有島武郎の姿もありました。

新渡戸稲造
■新渡戸稲造(*2)
 
遠友学舎 遠友夜学校 
■遠友学舎
現在、市民や地域との交流の場として作られた学内の施設に、その名を残している。(写真提供:北海道大学)
■遠友夜学校
1894(明治27)年、新渡戸夫妻によって設立され、1944(昭和19)年まで続けられた。写真は1921(大正10)年の3年生。 (写真提供:札幌市教育委員会 文化資料室)

関連するデータベース
スミス塾から北星女学校が生まれた/サラ・クララ・スミス
 札幌における本格的な女子教育の先陣を切ったのは、サラ・クララ・スミスによって創設された私立北星女学校です。宣教師として来日したスミスは、東京での気候になじめずに体調を崩し、故郷と気候の似ている北海道に渡りました。1887(明治20)年に、スミスは官邸厩舎で女子のための塾を始め、これが発展して北星女学校になります。キリスト教の精神のもとに、あらゆる分野における有用な知識を教えることを目標とし、教師には大島正健、新渡戸稲造、宮部金吾ら農学校の1、2期生が顔をつらねていました。
旧北星女学校宣教師館 ■旧北星女学校宣教師館
1926(大正15)年、アメリカからの婦人宣教師の住宅として建てられ、現在は展示室が設けられた創立百周年記念館となっている。
サラ・クララ・スミス
■サラ・クララ・スミス
(写真提供:北星学園大学)
 
*写真提供:北海道大学付属図書館[北方資料データベース]
 写真キャプション文責:北海道庁
*1 卒業間近の札幌農学校第2期生たち 請求記号:宮部 8 北方資料データベースレコードID: 0B040120000000
*2 新渡戸稲造(於フィラデルフィア) 請求記号 北大(人物)B-24  データベースレコードID: 0B032740000000
画像および文章の無断使用・複製・再配布を禁じます。


参考文献一覧画像提供元一覧情報の小径50音INDEXページのトップへホーム