北海道デジタル図鑑
データベース検索 情報の小径 50音インデックス サイトマップ ヘルプ ホーム

自然歴史伝統・文化観光・スポーツ
本サイトのご利用にあたって
100の物語[歴史] お雇い外国人

最先端の知識と技術を伝えたお雇い外国人
 300年の鎖国の夢から覚めてみると、日本は欧米に比べて文化の発展がいちじるしく遅れていました。とくに自然科学の分野での遅れが目立ちます。早く追いつくには、留学生を派遣して、先進的な学問や技術を学ばせなければなりません。しかし、それではあまりに時間がかかるし、数年の留学で身につくレベルには限界があります。では、どうすればよいのか。先進国である欧米から、すでに高度の学問や技術を身につけた人間を連れてくればいい。明治政府はそう考え、開拓使もそれに倣いました。

 開拓長官の黒田清隆は、外国人を雇うことと外国の機械を購入することを目的として、1871(明治4)年にアメリカへ渡ります。黒田はそこで、連邦政府の農務局長だったホーレス・ケプロンと会い、開拓使顧問に迎える契約を結びました。ケプロンはアメリカからつぎつぎに優秀な人材を呼び寄せ、農業、工業、鉱業、医学など、さまざまな分野に送り込みました。

雇い人
(写真提供:インテリジェント・リンク)
 道路の建設や鉄道の敷設も、彼らの力なくしてはできなかったでしょう。お雇い外国人の数は、12年間で78人にのぼります。彼らが北海道へもたらした知識と技術は、当時の世界で最先端のものであり、彼らの活躍なくして今日の北海道はありえなかったといってもいいのです。

関連するデータベース
北海道の鉱山資源を発見する アンチセルとライマン
 ケプロンとともに来日したT.アンチセルは、もともとは化学者ですが、北海道では専門の土壌・植物・肥料の分析にとどまらず、鉱山資源の精製・製造、農業生産物の開発、道路・港湾の建設を行ったほか、土地処分や法令にまで積極的に言及しました。まさに八面六臂の活躍といえるでしょう。
 アンチセルの後任となったのがB.S.ライマンで、北海道の地質と鉱山の調査に当たり、幌内炭田を発見するなど大きな業績を上げました。幌内炭田の開発や石炭の輸送にも関わり、その間、多くの技術者を育てています。彼らは、その後、幾春別や夕張の炭鉱を発見しました。日本最初の総合的地質図である「日本蝦夷地質要略之図」も、ライマンらの手によるものです。
ライマン
■ライマン
(写真提供:インテリジェント・リンク)

日本蝦夷地質要略之図
■「日本蝦夷地質要略之図」(*1)
地質ごとに色分けされていて見た目にも美しい。
クリックで別窓拡大表示
文明開化の音を響かせた義経号 クロフォード
 1882(明治15)年、幌内炭山と小樽の手宮をむすぶ幌内鉄道全線90キロが開通しました。それまで、日本には東京・横浜間と神戸・大津間の2路線があるだけでしたから、国内で3番目の鉄道となったわけです。この鉄道の技師長となって指導したのが、J.U.クロフォードでした。クロフォードはパシフィック鉄道やペンシルベニア鉄道で技師として働いていたので、「義経号」などはどこかアメリカの大平原を走っていた機関車を思わせます。幌内鉄道の果した役割は、石炭の輸送にとどまるものではなく、鉄道沿線である札幌とその周辺の開発をうながし、商業都市小樽の発展をもたらしました。

関連する100の物語
関連するデータベース

クロフォード
■クロフォード
鉄道技師としての業績を讃えて建てられた、小樽交通記念館にある像。(写真提供:小樽交通記念館)
第2号機関車「弁慶号」とクロフォードたち ■第2号機関車「弁慶号」とクロフォードたち(*2)
停車場前に集まった、クロフォードらアメリカ人鉄道技師と日本人関係者。
義経号 ■義経号(*3)
第1号機関車「義経号」
異国の種子を北海道に根づかせる ブルックス
 お雇い外国人のうち、農業の分野でとくに重要な役割を果たしたのは、札幌農学校のW.ブルックスです。彼は1887(明治20)年に来道し、札幌農学校で農学と農業実習を受け持つとともに、クラークの後を継いで学校園の園長になりました。当時、農学校の学校園では、異国の種子を北海道の土壌に根づかせる実験が重ねられていました。ブルックスは栽培法だけではなく、土地改良や馬耕を実地に指導し、排水用タイルの製造まで行っています。また、農場の建設にあたったほか、近代的な農業経営の方法も教えました。

関連する100の物語
関連するデータベース
ウィリアム・ペン・ブルックス
■ウィリアム・ペン・ブルックス(*4)
関連リンク
*写真提供:北海道大学付属図書館[北方資料データベース]
写真キャプション文責:北海道庁
*1 日本蝦夷地質要略之図 請求記号:図類823(2) 北方資料データベースレコードID:0D003810000015
*2 第2番機関車停車場前停車之図 / 佐久間範造 請求記号:D(a) 41 北方資料データベースレコードID:0B012100000000
*3 第1号機関車義経号 / ポーター社(ピッツバーグ) 請求記号:D(a) 69 特大 北方資料データベースレコードID:0B012040000000
*4 W.P.ブルックス / 武林(札幌) 請求記号:ブルックス 46 北方資料データベースレコードID:0B036250000000
画像および文章の無断使用・複製・再配布を禁じます。


参考文献一覧画像提供元一覧情報の小径50音INDEXページのトップへホーム