北海道デジタル図鑑
データベース検索 情報の小径 50音インデックス サイトマップ ヘルプ ホーム

自然歴史伝統・文化観光・スポーツ
本サイトのご利用にあたって
100の物語[観光・スポーツ] スキー

あるいて、すべって、ジャンプする、スキー
 スキーの起源はたいへん古く、4000〜5000年前とも言われ、おもに北欧で雪上の歩行具として発達してきました。日本に初めて持ち込まれたのは、1895(明治28)年に松川敏胤(まつかわ・としたね)大尉がスカンジナビアから持参したものと言われます。

 北海道では1906(明治39)年、イギリス公使館付武官だったデルメーランド・キーフという人が、札幌月寒の歩兵隊将校に寄贈したのが最初とされています。その後、本格的スキーが紹介されたのは、1908(明治41)年ころのようです。

関連するデータベース
スキーイメージ
(写真提供:札幌市文化資料室)
間宮林蔵(まみや・りんぞう)が見たスキー
 江戸時代後期、間宮林蔵が樺太探検をした際の報告書『北蝦夷図説』(1808年)に、スキーに似た雪具をつけた人の図が描かれています。これが、日本初のスキーに関する記述と思われます。
 また、雪の坂を滑る遊びは、古くから行われていたものと思われます。1854(安政元)年、箱館御役所から「げろり、そりで坂すべりをする子供遊びは、危険なのでやめるように」というお触書が出された記録があります。この「げろり」とは、下駄の裏側に竹や鉄の棒を取り付けた「下駄そり」のことで、昭和30年代までは遊ばれていたようです。
『北蝦夷図説』
■『北蝦夷図説』(*1)
北蝦夷地の産物や風俗をまとめた紀行文に描かれたスキー。
「げろり」 ■「げろり」
(写真提供:北海道開拓記念館)

関連する100の物語
ハンス・コラー
 スキーを冬の遊び、スポーツとして紹介した人は、1908(明治41)年に札幌農学校(現・北海道大学)のドイツ語講師として赴任してきたスイス人、ハンス・コラーです。コラーは母国からスキーを取り寄せ、学生たちに紹介しました。
 当時の学生たちは、そのスキーをモデルに馬そり屋にスキーをつくらせ、構内の坂などですべりました。ちなみに、赴任当時のコラーはスキーをまったく滑れなかったそうです。
 
スキー発祥地論争
 一般的に、日本の「スキー発祥の地」は、1911(明治44)年にオーストリア軍人、テオドール・レルヒ少佐がスキーを教えた、新潟県高田(現・上越市)となっています。しかし、ハンス・コラーが札幌農科大学にスキーを紹介したのはその3年も前のこと。なぜ、札幌が日本の発祥の地ではないのでしょう。
 実は大正時代に「スキー発祥の地」をめぐり、札幌か高田かで論争が起こりました。結論は、「確かに最初に滑ったのは札幌だ。しかし正式なスキー術を持ち込み、全国普及へのきっかけを作った高田こそ、発祥の地とすべきであろう」ということになり、高田に軍配があがったのです。
レルヒ少佐
■レルヒ少佐
1911(明治44)年、高田(現上越市)金谷山にて。翌年には、旭川の第7師団でスキー指導をおこなった。(写真提供:小熊写真館/撮影:小熊和助さん)
宮様スキー大会
 宮様スキー大会は、1930(昭和5)年に第1回が開催された、国内唯一の国際スキー連盟(FIS)公認総合競技会。正式な名称は「宮様スキー国際競技会」です。
 開催の2年前に秩父宮様が、また前年には高松宮様が来道されたことを記念し、「秩父宮殿下、高松宮殿下御来道記念スキー大会」としてはじまりました。この大会が、その後の日本のスキー競技発展に大きく寄与したことは言うまでもありません。
 秩父宮殿下が来道した際、「日本で冬のオリンピックを開催するとしたら札幌をおいてない。そのためには大きなシャンツェと洋式のホテルが必要だ」と述べ、4年後に大倉山シャンツェとグランドホテルの完成につながりました。なお、大倉山シャンツェは、大倉喜七郎男爵が5万円余の資金を投じて建設し、札幌市に寄贈したものです。
関連するデータベース
長野冬季オリンピックの道産子スキーメダリスト
・スキージャンプ
 世界トップクラスの実力を持つ日本のスキージャンプ陣。かつて札幌オリンピックの70m級ジャンプでは金銀銅を独占しましたが、長野オリンピックでのスキージャンプラージヒル団体金メダルは、国民に強い印象を残しています。そしてそのいずれもが、北海道出身の選手による快挙でした。

原田雅彦(はらだ・まさひこ)さん/上川町出身
船木和喜(ふなき・かずよし)さん/余市町出身
岡部孝信(おかべ・たかのぶ)さん/下川町出身
斎藤浩哉(さいとう・ひろや)さん/余市町出身

■ジャンプ競技の醍醐味
飛距離だけでなく、飛ぶ姿の美しさにも目がうばわれる。
ジャンプ競技の醍醐味
みんなでつないだ金メダル
■みんなでつないだ金メダル(右より、船木、原田、斎藤、岡部選手)
金メダルの瞬間、感涙にむせぶ原田選手の姿が印象的だった。

空中演技が決まった瞬間 ・モーグル
里谷多英(さとや・たえ)さん/札幌市出身

■空中演技が決まった瞬間
1998(平成10)年の長野オリンピックで、冬季オリンピックでの日本女性初の金メダリストとなった。

関連する100の物語 (写真提供:(C)アフロスポーツ)
関連リンク
*写真提供:北海道大学付属図書館[北方資料データベース]
 写真キャプション文責:北海道庁
*1 北蝦夷図説 (一名 銅柱餘録) 2 / 間宮林蔵(倫宗)口述 請求記号:旧記 0300(2)
データベースレコードID: 0A025190000002
画像および文章の無断使用・複製・再配布を禁じます。


参考文献一覧画像提供元一覧情報の小径50音INDEXページのトップへホーム